癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

運勢鑑定

皆様、いかがお過ごしですか。

コロナ禍が終息しない中、各地では

人の流動が盛んになってきた様に

思われます。

クーポン券のお陰で、消費意欲も

戻りつつある様ですが、以前の様な

活気はまだまだ先の様です。

さて、私の母に対する虐待疑惑に

ついて、ブログをご覧になった方々から

ご心配のお電話やメールを頂きました。

私自身、修行の身でありながら

激情のあまり汚い文言を並び立て「怒り」

等と、、、

お恥ずかしい次第です。

ですが、今になって思えば

母が無事でいてくれた事に感謝して

おります。

あれからどうしているだろうか、、

また、酷い目に遭ってないだろか、、

施設長宛、要望書を提出致しましたが

未だ回答はございません。

ですが、こうなったのも全て

私の責任であると思った瞬間

急に、怒りが取れてきました。

よく考えてみれば、母の面倒を見られ

ない理由から、施設に預けたのだから

自分だけ、楽をしてはいけないと

仏様が教えてくださったのだと、、。

介護をしていた3年余り、私自身

苦痛と不安な毎日を過ごしていました。

その苦しみが取れた事で、お役御免の

様な気持ちになっていた私に仏様から

天罰が下ったのだと思いました。

人に任すとは、リスクがつきものです。

全てが完璧にこなすとは思いません。

ましてや介護となると、高齢者

施設内での虐待が増加の一途をたどる中

ある一定の覚悟を持って預けなければ

ならないという事と思いました。

コロナ禍という事もあり、母の部屋や

スタッフの様子等伺えない中で、安心

するほうが、おかしいと思わなければ

なりません。

この世の中で安心とは

即身成仏、つまり悟った時です。

未だ、悟りを見ない私には、人間界の

苦しみは、当然訪れます。

私も人生の中で、沢山の失敗をして

来ました。

だから今日があるのだと、つくづく

思い知らされました。

母もよく耐えてくれ、苦しんだと

思います。

私も同じだけ苦しまなければ

なりません。

罪を憎んで人を憎まず。

この言葉が私には相応しいと思います。

今回の件は、まだ結果は出ていませんが

母が生きている限り見守っていきたいと

思います。

皆様のあたたかいご声援

心から感謝申し上げます。

合掌

 

朝夕だいぶ冷えてきましたね。

さて、先日迄のブログの続きが

判明いたしましたので、ご報告

申し上げます。

ブログでは、夢に亡き父が出てきて

「5日に出かけるところがあるから、、」

という言葉を聞いたところで目が覚めた

話しを致しました。

偶然、5日は施設に入所している母の

白内障術前検診の通院日でした。

以前、父が夢に出た時は良い

知らせでしたので、母の病状が良く

なっている知らせかなと、期待して

おりました。

しかし、それは想像もつかないほど

とんでもない事態になっておりました。

まさに、天国から地獄といったところで

しょうか、、、

施設はコロナ禍の為、面談禁止の上

ここ3ヶ月近く、面談しておりません

でした。

入所した時は、コロナ禍の真最中でし

たが、7月は面談は許されていたので

着替えを持って行った際、母と面談した

時は機嫌よく元気な姿を見せておりました。

ところが、今回久しぶりの再会で母の

元気な姿が見られると思っていたので

すが、、、

顔は憔悴しきっており、青ざめた顔を

しておりました。

病院に向かう車中にて施設で何かあった

のかと聞くと、、

入所して直ぐに、一人の女性職員から

虐待を受けていた事を聞かされました。

「お前に迷惑掛けたくなかったから

黙っていた、、もう死にたい、、」

と涙ながらに訴えてきました。

運転しながら、母の虐待された様々な

行為を聞いている内に、私は生きた心地が

しませんでした。

母の場合、区役所や介護ケアマネージャーの

紹介で施設に入ったのではなく、私の

知り合いの勧めもあり入所した経過が

あるので、相談窓口が直接区役所か

警察に届ける事になっております。

ですが紹介者の建前上、紹介者に了承を

得て、先ずは施設と交渉する事に

致しました。

この施設は、3年前に職員の暴力事件が

あったばかりでしたが、紹介者も先頃

迄入所者を紹介し、全てのご家族が

安心されているとの事でしたので

私は、母を説得し大阪の某施設に

入れました。

3年近く、私は母の介護をしてきましたが

本当に毎日が不安でいっぱいでした。

でも、父の時も親孝行出来て無かったので

母だけは、不自由のない生活をと思って

いたのですが、介護生活になりいつしか

その思いは、苦痛へと変わっていきました。

でも、見てあげられるところ迄は

精一杯みてやろうと思っていたのですが

当時のケアマネージャーさんから

「介護も限界ですし、お母様の事を思えば

施設の方がより安全ですよ、、」

と伝えられた時、肩の荷が降りた気が

致しました。

ですが、実際施設に入れてみると、いつも

自問自答するのは、母に対しての罪意識

でした。

その上での今回の出来事は、、

とんでもなく、自分を見失う位

怒りが込み上げてきました。

 

次回つづく、、

 

 

 

今朝、不思議な夢を見ました。

夢の内容次第では、予知夢と

なる事もありますので、次回

良い報告が出来ればと思い

ブログに書き留めました。

今回は、父が出て来ました。

以前の時は、若返った父が

床にふす姿でした。

その後、私の持病が劇的に

良くなった記憶をしております。

今回は、私の自宅で洗濯物を

父が干すところからはじまりました。

「お父ちゃん、俺が干すから、、」

というと、忙しいのか洗濯物を

私に手渡すと

「今日は、出かける日や、、」

何処にいくの?

「5日は行く予定している」

と言った記憶があります。

5日は偶然、施設に入所している

母をつれて、眼科に受診させる

日でもあります。

過去に右目を白内障で手術して

おり、今度は左目が白内障に

なりました。

手術する予定ですが、今回は

本人の意思に任せる予定です。

軽い認知もある様ですので

当初は全身麻酔も考えて

おりましたが、年齢と

母の体力を考えると部分麻酔

になると思います。

しかし、部分麻酔だと本人が

医師の指示に従いながら目を

上下する動作をする必要が

ございます。

今の母には、負担が大きいのかも

しれません。

夢に出てきた父は、私に何を

伝え様としているのか、、。

 

 

今日から10月、今年も残すところ

2か月となりました。

未だ、東京では200人を超える

新規コロナ患者が出る中

今日から東京もGO to キャンペーンに

加わりました。

今週末の動き次第では、また感染者数が

増加するかもしれません。

でも、経済を動かしていかなければ

倒産する会社や、雇用にも大きな影響を

与える事になります。

この先、日本はどうなるのだろう、、

不安を抱えたまま、日々の中で

私達は、希望を持って生きなければ

なりません。

 

先日、女優の竹内結子さんが自殺された

とのショッキングなニュースが入って

来ました。

女優としても成功して、第二子も授かった

ばかりなのにどうして、、と思われる方も

たくさんいらっしゃったと思います。

感覚的に思う事は、彼女は見かけに

よらず、白黒をハッキリさせる

ところが強く感じられました。

頑固な上、人一倍こだわりが強く

人前では、清楚な女性を演じていた

様に思われます。

どちらかと言えば、義理堅い親分肌の

性格だった様な気がします。

ですから、全てにおいて妥協を許し

ません。

当然、間違った事が大嫌いな一本木な

ところがあったと思います。

そんな彼女が自殺するには、、

相当な自分との葛藤があった様に

思われます。

でも、その答えが自殺、、

影響力が有るだけに、彼女の死で

コロナ禍で苦しむ人々が人生を

リセットしたいとの誤った判断に

ならない事を願うばかりです。

先日、仕事で神戸に行きました。

翌日朝の鑑定でしたので

前日、神戸のホテルに宿泊致し

ました。

主催者が私の為に良いホテルを

ご予約下さり、お食事も美味しく

頂きました。

仕事で来たのですが、神戸を満喫した

気持ちになりました。

本当に有難うございました。

合掌

神戸のホテルにて

 

 

 

コロナ禍が少し落ち着いて

きた様ですが、皆様はいかが

お過ごしでしょうか。

私の住んでいる坂本は、朝夕も

だいぶ涼しくなってきて、半袖では

少し寒さを感じる位になってきました。

母親が施設に入所した事で心身共に

だいぶリラックス出来ております。

親不孝に聞こえるかもしれませんが

施設に入れた事は、お互いに良かったと

思っています。

施設から、月の終わりに写真が送られて

くるのですが、私と暮らしていた頃より

若返っておりました。

施設の方々も、あまり手のかからない方で

助かっていますとのお言葉を頂戴し

今のところは、平穏でいる事に感謝して

おります。

母親は、足が不自由なので

杖や手すりがあっても、よく転びました。

時には、頭部を裂傷し何度か救急車

で運ばれた事もございます。

遠方の出張先では、どうする事も

出来ないので、その都度近隣の方に

お世話になっていました。

また、持病の糖尿病や心不全が有る

事で、軽い打身であっても注意が

必要でしたので、転倒したとなると

心配で途中で仕事を切り上げた事も

ございました。

また、食事の世話が一番気がかり

でして、独身で甲斐性ない私は

母親に手作り料理を振舞ってやれず

宅配弁当やお惣菜、お弁当を買って

来て与えておりました。

出張の時は、在宅サービス、デイサービス

ショートステイと、使えるものは出来る限り

利用させて頂きました。

今は、、

「明日は、何をたべさせようかなぁ、、」

と考え無くてすむので安心して仕事が

出来る様になりました。

私の場合は、たまたま人のご縁で助かり

ましたが、現状介護をされている方には

大変なご苦労をされている事と、つくづく

感じ入ります。

介護をしなくなった事で修行の

時間が増え、密教を中心に加持祈祷も

多彩になってきました。

天台宗で学ばなかった手技が真言宗では

沢山の秘術が有り、仏の数だけご利益

が有る事を理解致しました。

まだまだ研鑽中ですが、いつか自分の

ものにして、世の為人の為に役立てて

いきたいと思います。

今は、仏様の験力のお陰に感謝感謝の毎日を

過ごさせています。

素晴らしい人達との出会い、、、

そして、1日が大切に思える自分がいる事に

こんな人生になるとは、夢にも思っていま

せんでした。

この瞬間を無駄にする事なくこれからも

修行に専念していきたいと思います。

合掌

東京国立競技場

 

 

 

 

 

 

 

9月に入っても猛暑日が

続く中、私は奈良県は

大峯山龍泉寺に参詣に

行って来ました。

大峯山は、役行者

(えんのぎょうじゃ)

並びに弘法大師空海の

聖地として知られ、熊野古道と

共に世界遺産となりました。

龍泉寺は、大峯山の麓にあり

日本遺産にも指定されています。

今から28年前、山伏のいでたちで

初めて大峯山修行に行ったときは

期待と不安に満ちていた記憶が

あります。

この修行は、山頂にある大峯山寺を

目指し、山中にある幾多の仏を

祈願し、山頂を目指します。

山は、仏の懐に入るがごとく

道中は、不動明王真言や六根

清浄を唱えながら歩きます。

ここで10年間ひたすら修行

しましたが、答えを見出す事が

出来ず、10年前に天台宗に出家

致しました。

それから、年に一度は来ていた

のですが、和順庵の創設にともない

行く機会が無くなりました。

というのも、大峯山は行場であり

女人禁制の場所でも有ります。

ところが、世界遺産になってからは

登山気分で大峯山に来られる人が

増え、霊的な事をいうと自然神や

明王を中心とした仏様のお姿が

拝めなくなったのが理由です。

今年は、コロナの影響で参拝される

方も少なかった様に思われます。

今回は、ここ龍泉寺の住職の母親と

私の母親が幼馴染の縁で、いつしか

お世話になっております。

母親がこの度、施設に入る事に

なったので、元気な頃にお世話

頂いたお礼と、久しぶりに訪れたい

衝動にかられ来た次第です。

その甲斐あって、ご住職とお話

できる機会を頂きました。

いつも大峯山にあがるときは

身を清める為にこの寺にある

池と滝を使わせて頂いており

ました。

ご住職との面談は初めてで

非常に誠実な方にお見受け致し

ました。

伝統有る寺の住職は、つい傲慢に

なりがちですが、心優しく接して

下さった事に感謝感謝の一日

でした。

大峯山龍泉寺ご住職と共に

 

皆様いかがお過ごしですか。

朝から30度近い猛暑日の中で

マスクを付けての行動は、ホントに

辛いですね。

私の母校天理大学ラグビー部内にて

クラスターが発生し、これまで60人

近い学生が感染したとのニュースが

ありました。

天理大学体育学部は、体育教師や

教員資格を得る事から教育実習を

出身校でする事になっていますが

コロナ禍を恐れるがあまり、天理大学

と言うだけで、受け入れ校から実習を

拒否されたり、PCR検査を受け

なければ応じる事ができないと

いわれたとニュースでやっていました。

それだけではなく、アルバイトを

している学生にも、その影響が

出ており、解雇されたりする

学生も出ている様です。

確かに、目に見えない恐怖と

対峙している以上仕方がないと

差別はダメとか言って

言葉で言うより、周りの大人達が

早急な対応をしてあげないと

このまま放置してしまうと

学生達に大きなギズ痕を残す事に

なります。

大学側は、全生徒にPCRを受けさせ

近隣住民はじめ、雇用者、家族を

安心させてあげるべきと思います。

PCRを増やす意味がないと言う人も

いますが、この方法でしか人を

安心させる術はないと思われます。

1日も早い対策を望むばかりです。

合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

このところ、想定外と言う事を聞く

機会が増えました。

当庵におきまして、年越し護摩供養の

際に出た予測がこの言葉でした。

しかしながら、まさかこれ程迄に

悪い方向に進む事など、誰もが想像も

していなかった事だと思います。

コロナ禍が終息するどころか

第二波に突入し、都市部を中心に

新たな対策が求められております。

こんな状況で、来年東京オリンピックは

開催されるのでしょうか、、。

渾沌とした世の中にあって、私達は

色々な事を想定しながら、この社会を

生き抜かなければなりません。

先行きが見通せない状況の中

当庵にご相談にお見えになる方が

増えました。

一番多いのは、仕事に関する事です。

リモート化も有り、自粛する企業も

あったりと、働き方を見直す機会が

増えたと思います。

このまま、この会社に居ても良いのか、、

いつ、リストラになるかも知れない、、

この会社は、倒産するかも知れない、、

色々な悩みを抱えて相談に来られます。

でも私は、良い機会だと思っています。

皆さんは、今までぬるま湯の中に

浸かっていて、次第に熱湯になって

いる事に気付いて無かったかも

知れません。

このまま過ごしていれば、茹でダコに

なって死に体になってたかもしれません。

私のところにも、会社経営者が

来られます。

人材や方向性について、相談されますが

一番大切なのは、自分がどうしたいか

という点です。

商売は、儲けなければ商売ではなく

仲良しこよしでは、やっていけません。

さりとて、人権を無視したやり方も

世に反する訳です。

近江商人の言事に三方に良しがあります。

三方とは、商人、取引先、世の中を意味し

ます。

確かに、どれが欠けても継続する事が

出来ません。

また、そのいずれにも沢山の家族が

いる事を忘れてはいけません。

結局のところ、人は一人では生きていけず

誰かの側に居ながら暮らさなければ

成り立たないのです。

そう思うと、人には優しく他人であっても

感謝する気持ちを持たなければ

なりません。

私達は、人に活かされ人に生かされている

のです。

私もまだまだ未熟者で、つい思う様に

ならないと、カッとくる時があります。

それは、自らが生み出したものであり

なった事を悔いても仕方がないのです。

自分の行いを懺悔し、見つめ直す気持ち

が大切だと思われます。

 

 

 

 

 

7月に入り、コロナ 禍の猛威が

東京を中心に広まる中、熊本や

西日本にかけて大雨の被害が出て

います。

亡くなられたご遺族の皆様には

心よりご冥福をお祈り致します。

合掌

皆様、いかがお過ごしですか。

コロナ禍も終息する中、人の

移動が少し戻ってきました。

当道場和順庵にも予約のお客様を

受け入れる様にしています。

ただ心配なのは、私には介護の母親が

いるので、感染すれば命取りとなります。

ですから鑑定後は、なるだけ庵内の清掃を

入念に行っています。

さて、和順庵にはさまざまな悩みを

抱えたお客様がいらっしゃいます。

特に仕事ついての相談が多く、転職を

考えている人も沢山います。

ただ我慢が足らないだけなのか、、

それとも、才能が有りながら方向性を

誤っているのか、、

その辺りを見極めてあげたり、タイミング

等を鑑定によってお伝えしています。

鑑定と言っても、私の場合は験力といって

感覚的なものです。

スピルチャルな世界では、先祖の伝言

みたいなものです。

皆様にもそれぞれ、守護神がいます。

ですが、直接守護神が働きかけるのでは

なく、指導霊によって今の仕事は成立して

いるとお考え下さい。

仕事がつまらない、、辞めたいと思って

いるのは、守護神の望む仕事に就いて

いないケースがあります。

指導霊は、貴方の仕事のサポートをする

ものの、本来の姿ではないので違和感を

感じ、いつしか仕事がつまらなく思えて

くるのです。

ですが、どの業界にも忍耐が必要です。

漠然と就職したは良いが、何の為に

この仕事についたのか、、

生活の為、それとも体裁を保つ為、親の

意向等さまざま有ります。

この仕事をやってみたかったけど、現実

は想像以上に過酷であったとか、色々な

事情は有りますが、まずはこの仕事や環境

が好きであるかが大事です。

お金を優先するのか、、

家族を優先するのか、、

趣味を優先するのか、、

全てを優先するのか、、

全てを優先する人は、それなりに努力が

必要ですが、不可能ではないと思います。

何事にも限界はあるものの、不思議と

人は、乗り越えられそうな夢をもつもの

です。

情熱と努力を怠らなければ、必ず開花する

ものと考えます。

それだけ日本という国は、夢や希望を与えて

くれる素晴らしい国なんです。

コロナ禍の影響で、全国民に10万円が給付

され、企業においても持続化給付金等

手厚い補助がなされています。

生活困窮者には、生活保護も受けられ

地域の協力のもと、生活が成り立って

います。

私は、この日本国に生まれて本当に良かった

と、、また来世もこの国に生まれてきたいと

心から願っています。

また、仏教や密教の世界に導かれたい

と、、。

こんな素晴らしい国に生まれてこれたの

だから、もし自分にやりたい事が見つかれば

諦めず、やり続ける自信がございます。

こんな気持ちにさせて頂いたのも、仏様の

験力のお陰です。