癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

Wajun

後夜護摩

後夜護摩

平成22年3月6日、天台宗に出家得度して以来色々な事を学ばしていただきました。
このブログでは、日々の修行の内容や実際の体験談を交えながらお坊さんの一日をご紹介していきたいと思います。

第一回目は護摩供養修行です。
護摩供養修行とは、密教の中にある修行法の一つです。
釜で火を焚いて大日如来や不動明王や火の神などさまざまな神仏の降臨を念じ、人間の願いをささげる祈りの儀礼です。
その歴史は古く、約3000年前よりインドで行なわれていた呪術(じゅじゅつ)の修法(しゅほう)で、ペルシア密教が起源とされています。

護摩木(ごまぎ)を勢いよく燃やすのは、仏さまの悟りの智慧の炎で、私たちの護摩木(ごまぎ)、煩悩を焼き滅ぼすことを表しています。そして、この際の炎(ほのお)と煙(けむり)が天界に到達することで願いが届くと言われています。

行者は、この護摩行によって、自身とこの宇宙の本性の中心である不動明王との完全なる一体化を果たし、自他の罪障(ざいしょう)や煩悩を焼き尽くすと言われています。

不安要素ばかりが増大している現代社会には様々な悩みや苦しみが充満しています。そして、行き場のないストレスは人の心をむしばんでいます。
この悩みを抱えた現代人に日本で古来から受け継がれてきた密教の護摩行が注目されています。

写真は、昨年の2月に撮影されたものです。 火柱が仏様に見えるのは私だけでしょうか…
護摩供養修行のお蔭で、心身ともに健康になりましたが、一張羅の法衣が火の粉によって穴だらけになってしまいました。

大日如来

大日如来

護摩アートとは、いわばお守りのような絵画です。
つまり開運画という表現が相応しいかもしれません。
人間は、何かに守られそれで安心することで悩みが解消されると信じてきました。
毎日、神棚やお仏壇を礼拝することで心が浄化される気持ちは誰もが思っていらっしゃることです。

昨今では、本家を出られたご家族や若い夫婦は家にお仏壇がない理由から信仰心が薄れ自分の宗派さえ知らない方がいらっしゃいます。
そのような方に仏様の有難いお話を交え仏様のご慈悲の素晴らしさを感じていただく為に護摩アートを始めました。

第一回目は大日如来をご紹介したいと思います。
虚空にあまねく存在するという真言密教の教主。「万物の慈母」、「万物を総該した無限宇宙の全一」とされる汎神論的な仏つまり、過去・現在・未来の三世に至る私達全てが目にする万物の創造主といえるでしょう。

護摩供養修行の際には、度々唱える仏様で手の印相は智拳印といい、胸の前で、左手をこぶしに握って人さし指だけ立て、それを右手で握る印。右手は仏、左手は衆生(しゅじょう)を表し、煩悩(ぼんのう)即菩提(ぼだい)の理を示す。
煩悩即菩提とは、凡夫たる悪因に満ちた命である煩悩を持ったままの姿を以て、悟りを開くという意味となります。

この絵をみて唱えて下さい。きっと貴方にもご加護があるはずです。

「オンアビラウンケン・バサラダトバン」