癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

shiraiwajun

スマホの出現で、より通信サービスが

便利になった反面、犯罪も増えてるとか、、

私の様なネット社会に疎い人間でも、情報

サービスを得る上で欠かせなくなって

います。

以前、鑑定させて頂いたお客様に

妻が家出して、数ヶ月戻ってこないとの

相談があり詳しく聞いていくと、どうも

ゲームで知り合った男性と駆け落ちした

との事でした。

相手の男性も妻子がある様で、現在弁護士

を通じて係争中との事です。

家に居ながらにして、他人とのコミニケーシ

ョンが広がるのは、決して悪い事では無い

ですが、使う側の動機が悪ければ、その情報

に群がって来る、、まさに烏合の衆の様な

ものです。

SNSの世界では、相手の真実を見る事が出来

ない上、善人を装って接してくる事が多いの

で受取る側からすると、つい信用してしまい

がちです。

人の集まるところには、良い情報も有れば

危険な情報も有る事を忘れてはなりません。

昔お釈迦様の居た時代、宗教論争が盛んに

行われておりました。

当時のインドは、カースト制度が著しく

重要視され、宗教においても身分の高い人

しか、信仰できませんでした。

そこには、お布施と称して多額の金銭を要求

したり、教祖は絶対的な存在であり、教祖

の命令あらば命迄捧げたりする者も

おりました。

そういった悪しき宗教を払拭する教えが

お釈迦様の伝えた仏教でした。

お釈迦様の教えは、身分も育ちも皆が

平等に、仏教を信仰する事が出来ました。

お釈迦様の存在は、瞬く間に民衆に愛され

国王迄が信者となり全国に広まって行きまし

た。

ところが、よく思わない他宗の信仰者達が

お釈迦様を陥れ様と策略をはたらきました。

ある時、お釈迦様がいつもの様に説法してい

ると一人の妊婦が現れました。

妊婦は、涙を流しながら、、

「お腹の子は、お釈迦様の子供です。」

と言いました。

また、彼女が何度も毎夜堂内を訪れていた事

を目撃したと、、証人迄が声を荒げて非難し

ました。

信者達は、ざわつき出し会場は混乱し、、

中には、会場を後にする者もおりました。

それでも、お釈迦様はいつもの通り説法を

続けました。

噂は広まり、日に日に信者の数も減っていき

ました。

ある日の事、お釈迦様は何時もの通り説法を

されていると、あの妊婦がそろそろ産まれる

からどうしてくれるのと、非難していたら

お腹の辺りから籾殻を入れた袋が転げ落ち

ました。

それを見た隣の信者が、彼女のお腹にある

籾殻袋を全て取り去ると、彼女のお腹は

見る見るうちにペチャんこになりました。

信者達は、彼女が嘘を言っている事に

はじめて気付きました。

彼女は、貧しさのあまりお金で他宗の信者に

そそのかされた事を正直に話しました。

お釈迦様は、何も無かったかの様に

何時もの様に説法を続けられました。

本来なら、真実を究明したり弁解を述べる

のが世の常ですが、お釈迦様は最後まで

沈黙を貫きました。

本来、真実とはそういうものなのかも知れま

せん。

石積みの街坂本

 

 

 

 

 

11月30夜半から12月2日早朝にかけて

護摩供養をしておりました。

ご連絡やお問い合わせをくださった

方々には、大変ご迷惑をお掛けしました。

12月は、年越し護摩供養を致します。

これからも、宜しくお願い申し上げます。

合掌

11月に入っても、天候は不安定で
地域によっては、20度を上回る暑さに
見舞われるところがあったり、温暖化
の影響が少しづつ出ているのかもしれ
ません。

さて、政界では安倍政権が在職日数が
2887日となり、このままいくと歴代総理
トップの在職の座を更新しそうです。

その安倍政権ですが、新宿御苑にて恒例と
なった「桜を見る会」に私的な関係者や地元
後援会関係者を招待した事が問題になって
います。
ご自身もオゴリが有ったコメントを側近に
漏らしているとの情報がある様で、本人も
まさか此処まで大きな問題になるとは
思ってもいなかったのでしょう。
野党時代の苦労を忘れて、慢心な状態が
続くと、周りの疑問を無視して自己中な
言動になっていったと思われます。

皆様は、今の社会をどう思われますか、、
格差社会が一段と加速したと言われる方や
景気が良い話をされる方など、一概に不景気
とは、言いがたいですが、世界の情勢を
見てみると、リーマンショック級の大恐慌
は、いつ起きても不思議ではないと言われる
専門家筋もいます。
また、日本では気候変化による災害大国と
なりつつあります。
先日の台風災害による被害は大手保険の
調査による補填総額が3兆円を上回るとの
予測があり、こんな状態で来年の
東京オリンピックは、無事行えるのかが
日本経済の鍵を握っていると思われます。
大会中にこの様な台風が来れば、
想像するだけで、国の経済が傾く程の
損害を被る事は言う迄もありません。

私達は、良い時代も悪い時代も
紙一重という事を忘れてはなりません。
花が咲き誇る桜は綺麗ですが、蕾の桜や
散った桜の木を綺麗だと言う人はあまり
いません。
社会も一部の景気の良さだけを見るのでは
なく、その景気を支えている日の目をみない
人達の存在を忘れてはなりません。
日の目を見ないとは、社会における弱者と
言われる人達です。
一部の人達が裕福と感じる世の中は
決して平和な世の中とは言えません。
弱者を対象にした政治が行われたなら
世の中が安穏な暮らしになっていくと
私は思っています。

東京駅 新幹線車中にて

昨今、危険ドラッグのニュースを

よく見聞きします。

特に有名人ともなれば

「何故あの人が、、、」

「やっぱりアイツかぁ、、」

「中々やめられないみたいだなぁ、、」

と当事者に対して、色々とご意見をお持ちだ

と思いますが、ネット社会に詳しい方による

と社会が便利になった分、簡単に手に

入れる事が可能になっている様です。

また深刻なのは、未成年や一般の主婦迄が

危険ドラッグに手を染めるケースが年々

増えているとか、、

時代が豊かになったとはいえ、複雑な社会に

なり過ぎて、社会に対するストレスや不満が

現実逃避に繋がっているのかも知れません。

使用した人の心理として、一度得た快感は

アリ地獄の様に、中々抜け出す事が出来ない

様です。

私達の周りには、欲望と言えるものが

沢山有ります。

人間でいる限り、欲望は尽きる事はありま

せんが、身を滅ぼす欲望はいつの時代であっ

ても良くありません。

では、何故危険ドラッグに手を染めるので

しょうか、、。

色んなケースがあると思うのですが

私が思うに、真の友達を持たない人が

この様な犯罪を引き起こしている様に

思います。

自分の為に意見したり、時には叱ったり

、家族の様に思い悩んでくれたり、、

貴方の周りには何人「真の友」は居ますか?

年々、その様な友達は数の上で少なくなり

がちですが、結局悪い友達に誘われたり

孤独さを紛らわしたりする為にやっている

様に思われます。

昔、お釈迦様のいた時代、、、

お釈迦様と弟子のアーナンダが街を歩いて

いました。

お釈迦様が

「アーナンダよ、真の友とはどの様な

友か。」

と質問されました。

アーナンダが答えに窮していると、、

お釈迦様が

「アーナンダよ、あの魚屋に行って、魚に

敷いている笹の葉を貰って来なさい。」

と言われました。

アーナンダは、すぐ様魚屋に行き

魚の生臭い臭いを我慢しながらも

笹の葉をお釈迦様の元に持ってきました。

そのせいでアーナンダの衣には生臭さが

染み渡りその臭いに耐えがたい顔をしている

と、、お釈迦は

「アーナンダよ、お前はこの生臭い臭いと

共に生活出来るか?例え最初は臭くとも

次第に慣れてくるものだ。」

と言われ、笹の葉を元の場所に戻す様

アーナンダに言われました。

次にお釈迦様は、お香を売る店に行って

注文しておいたお香を貰ってくる様に

言われました。

アーナンダは、生臭い臭いのまま店に入り

ましたが、出でくる頃には不思議と嫌な

臭いが消えておりました。

アーナンダが

「尊師、先程まで生臭い臭いをしていた衣が

お香の清々しい香りに変わっております。」

お釈迦様は

「アーナンダよ、お前はこの香りを一生

纏っていたいか。」

「はい、尊師。生臭い臭いに慣れたとて

人は近づいてきません。」

アーナンダがその様にいうと、、

お釈迦様か頷かれ

「真の友とはお香の様な存在だよ。

この香りに人は憧れ、近づき、自分も

この香りを纏ってみたい。

真の友とは、お前を活かし清々しい思いにさ

せてくれる存在だよ。」

と言われました。

お釈迦様の生活は、いつも質素な生活をされ

ておりましたが、お香だけは最高級のお香を

焚かせていたと伝え聞きます。

高級とまでは行きませんが、お香の様な

いつも身に纏っていたい友と付き合いたい

ものです。

合掌

本州最北端の地にて

 

 

 

 

10月末日から11月12日迄、ホームページが

見れない状態にありました。

皆様には、大変ご迷惑をお掛け致しました。

先日からブログにてお詫びをしていた内容も

削除され、私の様な機械に疎い人間は

何故、そうなったのか?

いつまでかかるのか?

その間、他の手立てはないのか?

など、、色んな疑問があるものの

その道に詳しい人によれば、、

「サーバーによるシステム障害は当然起こる

ものと認識するべき」

とご忠告を受けました。

また、

「サーバー会社に質問するだけ無駄だ」

とも言われました。

多分、そういう世界なんだなぁ、、と

世代間を感じました。

世の中、便利になった反面、、

人間迄、機械的になってしまった様に

感じられました。

私は真理を追求する修行者です。

生きる事、死ぬ事、苦しみや悲しみの

原因追求するのが、人生の目的でもあり

ます。

当然とか当たり前は、人間界が作り出した

ものであり、何も真理に近付いたとはいえ

ません。

たとえその様な状態になったとしても、制作

会社並びに担当者は、人間としてのやりとり

無くして、真心、、つまり真理を見出す事が

出来ないのです。

皆様に、和順庵の存在を理解して貰う為に

作ったHPですが、私自身の無知からくる

ものと理解しながらも、次元の違う人達と

向き合っている事を認識致しました。

 

私のブログを楽しみして下さった方々には

重ねて心からお詫び申し上げます。

合掌

 

 

 

大雨災害が福島県や千葉県を

中心に襲いました。

私の修行寺である千葉県長南町も

冠水被害や山崩れが一部あった様です。

私の修行寺東光寺は、茂原から車で

20分位の距離にあり、テレビの映像を

見る限り浸水しているのでは、、と

心配しておりましたが、寺は無事との

連絡を頂きました。

檀家さん達も無事であるとお聞きし

一安心致しました。

ただし、裏山に植えた百日紅の木や施餓鬼

供養等に用いる萩が、台風19号と今回の

大雨の影響でかなりのダメージを受けた

様です。

大雨災害で亡くなられた方々には

心から御冥福をお祈りします。

合掌

 

 

ラグビーワールドカップ

日本の活躍に胸が熱くなりました。

人を活かす為にプレーする姿は

私達人間界で最も重要な行いであり

まるで菩薩行を見る様です。

その一つ一つのプレーに明日への活力に

なった方も沢山居たと思います。

日本代表、感動有難うございました。

 

さて皆さんは、死んだら何処に

行くのか、、考えた事は有りますか?

地獄、天国、仏の世界、、

普通なら仏の世界、つまり成仏すると

お考えではないでしょうか、、。

はたしてそうでしょうか?

先日の台風被害に遭われて亡くなった

方が即仏の世界にいくのでしょうか、、、。

苦しい、哀しい、未練、、、

もし私が仏なら

「この世に未練があるのなら、もう一度

人間界でやり直しなさい。」

と言うかもしれません。

お釈迦様は、修行当時全ての事を覚り

この世に未練がないことから、生きる

事よりも死ぬ事を選択されました。

ところが、その様子を須弥山(仏の世界)

から見ていた梵天が、お釈迦様の眼前に

現れ、、

「貴方の覚った事を他の人達にも伝えて

やって欲しい。」

と懇願されました。

また、お釈迦様が80歳で入滅される時には

「この世はなんと甘美な世界である。」

と言われ入滅したと伝え聞きます。

つまり、十分この世でやり尽くし

悔いのない人生を送られた方が

仏様の世界に近づくものと考えます。

但し、好き放題しながら我がままな

生き方をされた方は別格です。

あくまでも、お釈迦様が覚った教えに

沿って生きなければ成仏しません。

この事からこの世で悔いなく生きる

努力が次のステップへ進める様な

気がします。

お釈迦様は、自分の弟子であっても

何億年後、仏に仕え生まれ変わりを

繰り返し、必ず仏になるとお経の

中で言われています。

お釈迦様のお弟子でさえ、それだけの

期間が要するなら、私達の様な凡人は

一生涯なれない様な気がします。

では、今の生活が嫌で死にたいと

思っている人は、どうしたら良い

のでしょうか、、。

この社会は苦しい世界、、

だからと言って周りに迷惑をかけ

自分勝手に生きるのは、負の

スパイラルから脱出する事が出来ません。

以前の様な生活が出来なくとも

見栄や世間体を捨て去り、全ての根源を

捨て去れば、いつでもスタート地点に

戻る事ができます。

プライドや恐怖と言ったものは

貴方自身がつくり出した幻影です。

見る角度を変えてやれば、いつでも

生まれ変わる事が出来ます。

諦めず来世の自分の為にも

幸せを願って努力する事が

今あるべき姿ではないでしょうか。

大護摩供養では、幾つもの不思議体験を

しました。

死に方に問題のある霊魂が

護摩壇の周りに座られた時

こちらまで哀しい気持ちが

伝わってきました。

生きている時に、もっと努力していれば

良かったと、、その様な気持ちが伝わって

きました。

死んでも楽な世界は待っていません。

この世で満足出来ない人は、あの世でも

満足しません。

生きて、生きて、生き抜いて、その先に

ある自分の役割を果たし、悔いの無い人生

を歩む事が出来れば最高の死を迎える事が

できるのです。

追求し行き止まりになる迄

志しを諦めない事です。

失敗を恐れてはいけません。

生きていればゲームセットでは無いのです。

貴方にしか出来ない、貴方の役割を

果たすべきです。

役割とは、、、

それは、貴方の目標であり志しであり

夢と言っても良いでしょう。

でも、それらの役割は自分だけの

ものだけでは、本当の役割とは

いえません。

日頃の感謝に報いる為に、貴方の

役割を見つけなくてはなりません。

 

次回つづく

籠山修行明け朝の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

台風19号は日本列島に甚大な被害を

もたらしました。

 

台風により亡くなられた方々に

心からお悔やみ申し上げます。

 

合掌

前回に引き続き、大護摩供養の事を

掲載致しました。

行者は仏と一体化し、施主はじめ

過去、現在、未来のあらゆる事象

を供養致します。

本来、神仏を降臨願う儀礼的な

ものと思っていた私は、大きな誤解を

していた事に気付かされました。

そして、護摩供養によって大変な領域に

足を踏み入れた事を改めて感じました。

今回の様な大護摩供養は、早々に出来る

ものではありません。

体力、気力、そしてあらゆる欲望を

捨て去り仏と向き合わなくては

なりません。

でないと、仏は降臨しないと思いました。

降臨されなければ、ただの儀式儀礼に

過ぎないのです。

儀礼的にしてしまえば、施主の願いや

あらゆる事象を聞き入れてもらえない事を

この3日間の修行で理解出来ました。

そして、それは施主も同じであると理解して

欲しいのです。自分の為に行者が祈願しても

らっているから、自らも良くなりたい気持ち

を強く持って貰いたいのです。

かれこれ、護摩供養は10年近く続けていま

すが、これ程仏に近づいた事は、、、

はじめてかもしれません。

理趣経にある様に、何とも甘美な感触

というか、自分が断食している事や不眠

不臥(寝ない、横にならない)でいる事を

忘れる位、快感を覚えるのでした。

今迄に感じた事がない感触です。

経本を見ながらやっていても、いつしか

記憶がない程、時間が過ぎていて、気づいた

時には、仏様にお帰り頂いていました。

これは行者の方しか、理解出来ない

現象であり摩訶不思議としか言い様があり

ません。

不動明王に降臨して頂いた時は、仏の凄まじ

い圧力に吹き飛ばされそうになり、また仏の

後ろから得体の知れない者が続々と降臨して

きました。これは、不動明王の眷属はじめ、

沢山の帰依する者と思いましたが、中には成

仏しきれていない者も含まれていました。

護摩供養を始めた途端、沢山の跪く音が

しました。

その数、数百とも数えきれない程の者達が

護摩壇を取囲む様に座られたと思います。

これは、成仏しきられていない者が、仏に

懇願している様におもえました。

その時でした。釜の炎が天上高く迄舞い上が

りました。

一瞬、周りの気配がなくなったと思いきや

また、一人二人と、跪く音がしました。

お経の中に、お釈迦様が仏の世界について

語られているところがあります。

「仏の世界の門戸は広く、どんな人間でも

通れる様になっているのだが、ここを通る

人間は、ごく僅かな人間しか通らない」

と言われています。

何故通れないのか、、。

何故成仏出来ないのか、、。

それは、死ぬ事や仏の存在を理解していない

からではないでしょうか。

次回続く

 

 

 

10月に入りましたね。

消費税が10%になり私達の生活にも

少しずつ影響が出るかと思われますが

皆様は、いかがお過ごしですか、、。

特にご商売をされている方々は大変な

ご苦労があったかと思います。

 

私は、9月28日〜10月1日明方に掛けて

到彼岸大護摩供養の修行を致しました。

3日間護摩供養、ご真言を唱え続けるなど

私の年齢には、荒行となりました。

夜の8時以降は、防災上から護摩供養が

出来ず、そこから翌日3時迄ご真言を

唱え続けなくてはなりません。

一日5カ座の護摩供養は、和順庵では

かなりリスクを伴うほど、堂内には

煙が充満致しました。

なので、煙を外部に放出するのに1時間

近くかかりました。

10月1日6時頃に終わった時には、身体が

護摩供養の炭によって真っ黒になり

すぐ様、お風呂に直行しました。

でも、身体の方の代償は大きく、、

以前、罹った難病が悪化した様に思われま

す。

手足の痛みが酷く、鉛筆を持つのが困難な

位、痛みがあります。

早速、1日にご相談者の予約が入っておりまし

たので、痛みどめのトンプクを飲み少しはマ

シになりましたが、翌日は身体が動けない

位、身体全身に痛みを伴いました。

それだけ、今回の大護摩供養で祈念された

方々の思いや悩みの度合いが、あまりにも

大きかった事をつくづく感じられた行でも

ありました。

今回の供養では、不思議な現象が沢山発生

しましたので、詳細については次回のブログ

に掲載致します。

大護摩供養では、近隣の皆様はじめ応援下さ

った方々には心よりお詫びと感謝申し上げま

す。

今は、体調回復にむけて養生させていただき

ます。

合掌

到彼岸 大護摩供養 和順庵にて