癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

新型コロナの猛威によって

多方面に影響が出てきました。

観光地やイベント中止、、

中国産の製品の出荷停止による

国内製品の材料費の高騰など、、

以前のSARSの時は、中国経済は

世界の影響力4%だったのが

現在、16%迄上昇しています。

という事は、当時の四倍近い損出が

我が国でも、起こる可能性があります。

安倍政権になってから、貧富の差が

大きな問題にもなっていますが

益々、その傾向が強まってきます。

株価は、1000円強下落しており

世界の歯車が一気にパニック状態に

陥りました。

また、中国人や外国人観光地客を宛に

していた百貨店や飲食店、観光地では

更なる悲惨な状況を覚悟しなければ

なりません。

私は、形あるものは必ず崩壊し、、

再生を繰り返すと思っています。

阪神淡路大震災、東北大震災、福島

原発事故等、私達は復活を成し遂げて

きました。

必ず過去の苦い経験は、多くの犠牲者の

為にも活かさなければなりません。

そう言いつつも、便利で快適に過ごすには

人間は、誤ちと知りつつ経済優先に舵を

とるのです。

その時は、心地よい生活を送れたとしても

必ず苦しみは、やってきます。

オリンピックは、日本経済にとっては

一時的なカンフル剤であり、その後の

日本は、渾沌とした時代の幕開けと

なります。

経済では、力のある企業が飲み込み、老舗

といわれたところが潰れたり、若者の就職

率も低下していくものと思われます。

昨今、若者の定職率は低下しており、副業

や転職、中にはニート族、、最悪は引きこも

りや親のスネをかじる輩も増えてきていま

す。

飽食の時代が続く反動は目に見えて現れつつ

ある様な気がします。

また、高齢者問題も有り、我々経済にも

大きな負担増は免れない。

では、どの様な日本社会を作っていけば

良いのか、、

次回、その辺りを解説したいと思います。

黒部宇奈月温泉駅