癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

徴用工問題で揺れる日本と韓国、、

着地点を見出す事なく、日本側が

経済制裁を課しました。

歴史的な問題は、韓国だけでなく

日本にも、原爆投下を2度経験し

北方領土に至っては、ロシアに

占有されたままである。

私は、歴史に疎いので間違った認識を

しているかもしれませんが、今回の

経済制裁で誰が徳をするのか、、

昔、お釈迦様のいた時代、弟子の目連

尊者が他宗団体の信者に撲殺されました。

当時、お釈迦様の教団は.近隣諸国迄広まり

他宗団体から疎まれておりました。

目連尊者は神通力があり、教団内でも

絶大な支持を受けておりました。

彼を殺害する事で、教団の混乱を招く狙い

から実行されたものと思われます。

目連尊者は、神通力を使い自らが殺害される

事を悟りました。

ある時、目連尊者はお釈迦に

「尊師、私はあるもの達に殺害されます。

教団に迷惑がかかるので、ここから出て

行きます。今まで、お世話になりました。」

と言って教団を後にしました。

その後、街の外れで撲殺された目連尊者の

死体が発見され、教団内部は殺気立ち、

すぐさま、殺害したと思われる教団に対し

抗議活動を起こす準備を致しましたが

お釈迦様は、それを制止致しました。

お釈迦様は、、

「目連は自分の死を予言しており、教団に

迷惑がかからぬよう、密かに教団外に出て

いったのだ。ここで、私が動いたなら沢山の

命を犠牲にする事になる。ここは、目連の

気持ちを大切する事が賢明なのだよ。」

と言われました。

私は、このお釈迦様のお考えこそ平和への

近道と常々思っています。

韓国の抗議する気持ちも理解出来ない訳では

ないですが、人間は前進する生き物です。

拘りを捨て、未来に向けた解決こそ残された

若い命の礎になると思うのです。

また、日本も同じ土俵に上がるのではなく

たとえ、韓国が仕掛けてきたからと言って

アメリカの様な報復処置をとるのは、賢明

とは言えません。

いずれ韓国も政権が変われば、過去の約束事

を遵守するとは、思われませんが、、

だからといって、切り捨てる行為は良くあり

ません。

何事においても、誠意をもって対応する事が

大事であると私は考えます。

大分県臼杵市にて