癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

前回に引き続き、大護摩供養の事を

掲載致しました。

行者は仏と一体化し、施主はじめ

過去、現在、未来のあらゆる事象

を供養致します。

本来、神仏を降臨願う儀礼的な

ものと思っていた私は、大きな誤解を

していた事に気付かされました。

そして、護摩供養によって大変な領域に

足を踏み入れた事を改めて感じました。

今回の様な大護摩供養は、早々に出来る

ものではありません。

体力、気力、そしてあらゆる欲望を

捨て去り仏と向き合わなくては

なりません。

でないと、仏は降臨しないと思いました。

降臨されなければ、ただの儀式儀礼に

過ぎないのです。

儀礼的にしてしまえば、施主の願いや

あらゆる事象を聞き入れてもらえない事を

この3日間の修行で理解出来ました。

そして、それは施主も同じであると理解して

欲しいのです。自分の為に行者が祈願しても

らっているから、自らも良くなりたい気持ち

を強く持って貰いたいのです。

かれこれ、護摩供養は10年近く続けていま

すが、これ程仏に近づいた事は、、、

はじめてかもしれません。

理趣経にある様に、何とも甘美な感触

というか、自分が断食している事や不眠

不臥(寝ない、横にならない)でいる事を

忘れる位、快感を覚えるのでした。

今迄に感じた事がない感触です。

経本を見ながらやっていても、いつしか

記憶がない程、時間が過ぎていて、気づいた

時には、仏様にお帰り頂いていました。

これは行者の方しか、理解出来ない

現象であり摩訶不思議としか言い様があり

ません。

不動明王に降臨して頂いた時は、仏の凄まじ

い圧力に吹き飛ばされそうになり、また仏の

後ろから得体の知れない者が続々と降臨して

きました。これは、不動明王の眷属はじめ、

沢山の帰依する者と思いましたが、中には成

仏しきれていない者も含まれていました。

護摩供養を始めた途端、沢山の跪く音が

しました。

その数、数百とも数えきれない程の者達が

護摩壇を取囲む様に座られたと思います。

これは、成仏しきられていない者が、仏に

懇願している様におもえました。

その時でした。釜の炎が天上高く迄舞い上が

りました。

一瞬、周りの気配がなくなったと思いきや

また、一人二人と、跪く音がしました。

お経の中に、お釈迦様が仏の世界について

語られているところがあります。

「仏の世界の門戸は広く、どんな人間でも

通れる様になっているのだが、ここを通る

人間は、ごく僅かな人間しか通らない」

と言われています。

何故通れないのか、、。

何故成仏出来ないのか、、。

それは、死ぬ事や仏の存在を理解していない

からではないでしょうか。

次回続く