癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

ラグビーワールドカップ

日本の活躍に胸が熱くなりました。

人を活かす為にプレーする姿は

私達人間界で最も重要な行いであり

まるで菩薩行を見る様です。

その一つ一つのプレーに明日への活力に

なった方も沢山居たと思います。

日本代表、感動有難うございました。

 

さて皆さんは、死んだら何処に

行くのか、、考えた事は有りますか?

地獄、天国、仏の世界、、

普通なら仏の世界、つまり成仏すると

お考えではないでしょうか、、。

はたしてそうでしょうか?

先日の台風被害に遭われて亡くなった

方が即仏の世界にいくのでしょうか、、、。

苦しい、哀しい、未練、、、

もし私が仏なら

「この世に未練があるのなら、もう一度

人間界でやり直しなさい。」

と言うかもしれません。

お釈迦様は、修行当時全ての事を覚り

この世に未練がないことから、生きる

事よりも死ぬ事を選択されました。

ところが、その様子を須弥山(仏の世界)

から見ていた梵天が、お釈迦様の眼前に

現れ、、

「貴方の覚った事を他の人達にも伝えて

やって欲しい。」

と懇願されました。

また、お釈迦様が80歳で入滅される時には

「この世はなんと甘美な世界である。」

と言われ入滅したと伝え聞きます。

つまり、十分この世でやり尽くし

悔いのない人生を送られた方が

仏様の世界に近づくものと考えます。

但し、好き放題しながら我がままな

生き方をされた方は別格です。

あくまでも、お釈迦様が覚った教えに

沿って生きなければ成仏しません。

この事からこの世で悔いなく生きる

努力が次のステップへ進める様な

気がします。

お釈迦様は、自分の弟子であっても

何億年後、仏に仕え生まれ変わりを

繰り返し、必ず仏になるとお経の

中で言われています。

お釈迦様のお弟子でさえ、それだけの

期間が要するなら、私達の様な凡人は

一生涯なれない様な気がします。

では、今の生活が嫌で死にたいと

思っている人は、どうしたら良い

のでしょうか、、。

この社会は苦しい世界、、

だからと言って周りに迷惑をかけ

自分勝手に生きるのは、負の

スパイラルから脱出する事が出来ません。

以前の様な生活が出来なくとも

見栄や世間体を捨て去り、全ての根源を

捨て去れば、いつでもスタート地点に

戻る事ができます。

プライドや恐怖と言ったものは

貴方自身がつくり出した幻影です。

見る角度を変えてやれば、いつでも

生まれ変わる事が出来ます。

諦めず来世の自分の為にも

幸せを願って努力する事が

今あるべき姿ではないでしょうか。

大護摩供養では、幾つもの不思議体験を

しました。

死に方に問題のある霊魂が

護摩壇の周りに座られた時

こちらまで哀しい気持ちが

伝わってきました。

生きている時に、もっと努力していれば

良かったと、、その様な気持ちが伝わって

きました。

死んでも楽な世界は待っていません。

この世で満足出来ない人は、あの世でも

満足しません。

生きて、生きて、生き抜いて、その先に

ある自分の役割を果たし、悔いの無い人生

を歩む事が出来れば最高の死を迎える事が

できるのです。

追求し行き止まりになる迄

志しを諦めない事です。

失敗を恐れてはいけません。

生きていればゲームセットでは無いのです。

貴方にしか出来ない、貴方の役割を

果たすべきです。

役割とは、、、

それは、貴方の目標であり志しであり

夢と言っても良いでしょう。

でも、それらの役割は自分だけの

ものだけでは、本当の役割とは

いえません。

日頃の感謝に報いる為に、貴方の

役割を見つけなくてはなりません。

 

次回つづく

籠山修行明け朝の風景