癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

和順庵は、運勢鑑定と自らの

修行場として開庵致しました。

本尊の毘盧遮那如来をはじめ

如意輪観音、地蔵菩薩など

時代の古い仏様が縁によって

安置する事が出来ました。

不動明王に至っては、仏師による

作品で、その勢いの良さに一目惚れし

手に入れる事に致しました。

仏具は、兄弟子や寺関係者から

お譲り頂いた物や、自ら出向いて購入

しましたが、やはり仏具等は一つ一つ

手作りとあって、結構な金額を

出費いたしました。

周りには立派なお寺がある反面

檀家さんの汗水流して働かれた

お布施によって成り立っていると思うと

僧侶はもっと謙虚な気持ちを持って

あたらなくてはなりません。

私の場合、全て自らの収入で

購入したと言っても、そこには

貧乏坊主を応援してやろうとされる

お客様のお布施の様に思えてきます。

護摩壇購入時も、清水の舞台から

飛び降りる気持ちでしたが、仏様の

事にお金を使うと、不思議と仕事が

舞い込んで来ます。

生きたお金とは、この事を言うのだと

常々思います。

昔、お釈迦様がいた時代

貧しい老婆が自分の髪を切って

その髪と引換に小さな茶碗に油を

買いました。

老婆は、茶碗に紐を垂らして

ロウソクに見立てて、お釈迦様に

お供えした貧者の一灯は

心にしみる、素晴らしいお話です。

運勢鑑定の仕事をしていると

自分の事には、躊躇なくお金を

使うのに、仏様の事になると

生活に余裕が無いと言う方が

いらっしゃいます。

その様な人に限って、寂しい晩年を

過ごされています。

「そんな事よりも食べていく事が大事」

と、言い放つ人もいます。

あまりにも現実的で、目の前のことしか

信用されない人の様です。

この様な人であっても、亡くなった

時にはお葬式をされます。

それとこれとは別なんでしょうか。

何とも不思議としか言い様が有りません。

 

つづく

仙台駅構内