癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

この世で生きる目的とは

最終的に阿耨多羅三藐三菩提(あのくたら

さんみゃくさんぼだい)、つまり

仏の境地であり、悟りの境地に入る事に

行き着きます。

この人間界に留まったお釈迦様は、悟りの境

地に入りながら生き続けられた事は、この世

にも素晴らしい世界があると、一説に残され

ています。

「この世は甘美である。」

正に素晴らしい世界である事を説かれていま

す。

それは、この世の真理を理解しながらも

自らの宿命に逆らう事なく生き続けられる

には、生きるという事も目的の一つと言える

かもしれません。

ただ、生きるだけではなく、お釈迦様が死を

目前迄、説かれた仏教も理解し仏に帰依する

気持ちを持ち続けなければなりません。

お釈迦様は、私達に沢山の教えをお経の中で

説かれています。

どのお経にも「南無仏」と唱えよと説かれて

います。

全てを理解し、実践する事は不可能かも知れ

ませんが、、

「南無仏」と唱える事は、出来るし声を出し

て言わなくとも、心の中で唱える事も出来ま

す。

この両方が出来なくとも、私達が代わり

に唱えてあげる事は可能ではないでしょう

か。

生きる事は、この世に生き続けるものの為に

唱えてやり自らも仏に帰依する生活を送る事

です。

では、何故仏に帰依し実践するのでしょう

か、、

やはり、後生(あの世)にヒントがある様です。

次回は、地獄の世界について解説していきま

す。

横浜赤レンガ港にて