癒しの里 和じゅん
〒520-0105
滋賀県大津市下阪本4-7-11
TEL:077-572-5108
FAX:077-578-0712
営業時間:AM9:00~PM21:00
最終受付:PM18:00
定休日:不定休

皆様、如何お過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が出て、当庵も

対面鑑定、加持祈祷、説法等を

今月中頃迄自粛しておりましたが

その期間を利用し、疫病退散と

8千本護摩供養を達成する事が

出来ました。

この模様は、次回にご報告申し上げます。

さて、これからの社会はどうなって

いくのでしょうか。

専門家は、ワクチンが完成する迄は

2〜3年はかかるとの見通しで、たとえ

政府が解除宣言したとしても、自粛及び

対策は、今後も続けて行かなければ

ならない様です。

現にお隣の韓国では、解除した途端

クラスターによる第二波が起こりつつ

あります。

未だに見通しが立っていない、アメリカ

やロシアなどは、命よりも経済を優先

する方向で動いています。

ここで大切なのは、見えない敵とどう

向き合うかという点です。

仏教では、中道を説いている様に

よいあんばい、つまり弦の弓が張り詰めて

切れない程の弛みをもたせる事がこれらの

対策に大切かと思います。

そして、このウィルスに感染した人や

従事者に対して、私達がもっと理解を

示さなければなりません。

感染する事は、自分だけじゃなく

周りの人間にも影響する恐ろしい

病気です。

ですが、このまま引きこもっていても

別の病気があなたを待っています。

倒産、借金、解雇、家庭内暴力、鬱、離婚

等々、、

これらも、ウィルスの第二波、三波を意味

するのです。

私は、十分な対策を取りながら徐々に

経済を進めていけば、少しづつ上昇に

向かうと思っています。

素人が何を言うかとご批判を

受けるかも知れませんが

先般行じました護摩供養では

政府が事態宣言終了日の10日辺りが

目処ではないかと、みておりました。

ただ、残念ながらもう少しかかる様

ですが、私はよい兆しに差し掛かった

と見ております。

しかし、諸外国が復活しない限り

我が国も経済復活とまでは、いかない

様です。

よいあんばいを保ちつつ、日常生活に

戻られる日が来る事を心から祈念

いたします。

合掌